赤坂国際会計事務所

多様性に富む弁護士を求む

2015.11.01

色々な方に「そろそろ弁護士を採用したら」と言われるようになりました。確かに長期出張となった場合のことを考えると新しい弁護士さん必要ですね。後継者を意識して英語とフランス語のできる弁護士を望んでいましたが、そういう時代ではないですね。

今回は、新しい試みに付き合ってくれる弁護士と協働したいです。時代を動かしたいと思っている人間じゃないと狭い視野になりますから。お客様は法律を聞きに来ているわけじゃありません。グーグル先生に聞けば事足りる、本を見ればわかる回答など欲しくありません。欲しいのは解決方法です。

日本語しかできなくても、お客様に寄り添い喜んでもらえること及び経営に関心があるという人は関心があります。

大手目線ではなく世界に興味がある方が面白いものが見えます。

10年一緒にいても飽きることのない人を探してます。

世の中の地殻変動を感じる人は、その変動を喜んで近づきそれを現実に見ましょう。それだけで将来の不安が吹っ飛んでいきます。

ご相談はこちらから