赤坂国際会計事務所

多様性ある弁護士求む2

2015.11.01

今までの弁護士は、受動的で知識人であった。しかし、今後は教科書にない答えを模索することになる。従来型の弁護士にとっては教科書という拠って立つものがないので、やめた方が良いと述べてしまうだろう。しかし、今の時代、全ての人にとって予測不可能だ。テキストがない前提でどのように答え、リスクを減らせるか、そうしたプランニングを楽しいと思っている人間が共同しやすい。

ご相談はこちらから