赤坂国際会計事務所

フランス商法典の改正

2014.08.21

若干時期を逸したが、フランスにおける今年の法改正で、日本在住者が フランスの会社の代表取締役等に就任する際、同人は県知事(préfet de département) に届出する事なしに商業裁判所に登録する事が出来るようになった。以前は、商法典122-1条に基づき当局に届け出をする必要があっ たが、この過程が省略された。
①進出の際に日本に在住のままでフランスの代表者として登録 できること、②M&Aで適任が見つから ない場合に自らが代表取締役に就任することができること、③フランスの子会社で不正が見つかった場合に即座に自ら就任する手立てを打 つ等、様々な便宜が考えられる。

若干時期を逸したが、フランスにおける今年の法改正で、日本在住者が フランスの会社の代表取締役等に就任する際、同人は県知事(préfet de département) に届出する事なしに商業裁判所に登録する事が出来るようになった。以前は、商法典122-1条に基づき当局に届け出をする必要があっ たが、この過程が省略された。
①進出の際に日本に在住のままでフランスの代表者として登録 できること、②M&Aで適任が見つから ない場合に自らが代表取締役に就任することができること、③フランスの子会社で不正が見つかった場合に即座に自ら就任する手立てを打 つ等、様々な便宜が考えられる。

ご相談はこちらから